こまかいことは知らんけどな

競馬と愛猫のことが大半。個人的な見解を書いており所属組織は関係ありません。

馬券のスタンスを変えたら回収率が良くなった

f:id:kohr:20210520135922j:image

今年は珍しく馬券の成績が良い。

今年がスタートして6ヶ月が過ぎようとしてますが、トータルの回収率が183%となかなかよい感じでシーズンを折り返せそう。(金額は想像にお任せします。)

75レースしか買ってないのは、レースを厳選して戦ってるわけではなく、単に、G1を中心とした重賞と、気が向いたときだけ、特別&最終レースの馬券を買ってるだけだからです。昔に比べたら、馬券買うレースがどんどん減ってきてますなー。

去年から色々と模索をしていたんですが、今年に入ってから、3連単や馬単ではなく、3連複と馬連を中心に馬券を組み立ててます。もともと、穴狙いで馬券を買ってましたが、緩やかに本命サイドで馬券を組み立ててます。

でもって、馬券は常に相手は絞らず全流し。そして、均等買いではなく、払戻金等で資金配分をかけてます。

馬券購入の前は、当然ですが、期待できる回収率を確認しています。

資金配分機能を使うと、想定払戻金額もわかるので、購入予定金額の何倍になるかをみてから買ってますが、最低でも5倍ぐらいのリターンがないと、私の的中率では勝てません。人気サイドの場合は、リターンが2~3倍になることも多いのですが、その場合は、馬連から3連複2頭軸へ賭式を変更します。

blog.kohara.work

 

 ヴィクトリアマイルカップは、3連複2頭軸全流しを2通り買って、大本線的中になりましたが、上位人気の3連複2頭軸をおさえ(的中の回収率200%程度)、人気馬と人気薄の3連複で弾みをつけるという買い方もしてますね。

資金を1:1にわけて、2倍と10倍に賭けて、好配当が来ればヨシって考え方です。

ヒモを全流しってのは、予想的にどうなのよって話もありますが、ヒモ抜け辛いのでこのスタンスになってしまいました。

今週は、平安Sから繰り出すオークスで頑張ろう!