こまかいことは知らんけどな

老後はアフィリエイト収入で生活できたらいいなー。

混戦模様の菊花賞を制すのは、内枠の先行馬

f:id:kohr:20181021081534p:image

先行激化で差し馬対等の流れになるかなぁと思わせぶりなメンバーですが、ガンガン飛ばして前に行く馬群、先行集団、差し・追い込み勢の3つに馬群が別れて隊列は長くなりそうな気がします。そうなってくると、スタート直後の坂でびゅーんと飛ばす集団の後ろにぴったりつけて、折り合いに専念できる馬がここは有理かと。

◎エポカロードですが、ダービーは逃げ粘りで2着。ペースも落ち着いて淡々とした逃げが打てたのが功を奏した形ではありますが、この菊花賞も、枠なりでコースロスなく淡々とラップを刻める競馬ができるかと。逃げにこだわるタイプではなく、気分良く折り合えば粘り強さを発揮すると思います。神戸新聞杯はスタート直後でよれて行き脚つかずに後方からの競馬。今回は枠なり先手、平坦な直線で粘り腰を見せてくれるでしょう。

○エタリオウは、秋初戦の神戸新聞杯を2着。ダービー馬に後塵を喫した結果ではありますが、滑り出しとしては順調かと。勝ちきれない競馬が多くて出世が遅れているタイプですが、相手なりに堅実に走る印象もあり、ここも大崩れはないかと。

▲ブラストワンピースは、春2冠は結果を残せず。新潟記念で古馬を一蹴し、菊花賞へ駒を進めてきました。変則ローテーションが気にはなりますが、新潟記念のパフォーマンス、ダービーも負けて強しの競馬、非の打ち所がないかと思いますが、この枠から下げたときにどうなるかが気になります。5枠9番のエタリオウの方が競馬はしやすいかと思うので、評価を下げました。

4番手には、上り馬の注グロンディーズを。鞍上に期待。

◎エポカドーロ
○エタリオウ
▲ブラストワンピース
注グロンディオーズ
△グレイル
△メイショウテッコン
△フィエールマン
△ステイフーリッシュ