こまかいことは知らんけどな

内容は個人の感想です。老後はブログで生活できたらいいなー。

呑んだ翌日はギューント血圧が上昇!

f:id:kohr:20180324144401j:image

 最近、血圧を全く測ってなかったのですが、月曜日に久々にはかると、167−99と結構な数値を叩き出しておりました。こりゃ、あんまり良くないなぁ、なんとかせないかんわいと、月曜日から木曜日まで断酒して過ごしてみました。

グラフの通り、酒を飲まないとギューント血圧が下がっております。

木曜日と金曜日は、呑み会があったので、その反動で土曜日の朝は血圧が高い状態に。

呑んだら翌日はわかりやすく上昇しておりますな。

www.ncvc.go.jp

国立循環器病研究センターの記事ですが、やっぱり呑みすぎはかなりよろしくないようです。お酒ですが、呑み出すと止まらないというか、酔っ払ってさらに酔うために浴びるように呑むという悪循環を繰り返すタイプなので、ちょっと自宅で缶ビール一杯で晩酌をというのが、コントロールできなかったりしております。

高血圧気味になって、酒かなぁと思って色々調べたときに、

ふつうアルコールを飲むと、一時的ですが血圧が少し下がり、脈拍が増えます。私たちの研究でも血圧の低下は明らかでした。

という見解があるので、少々呑んでも大丈夫だろうと毎日飲んでましたが、自宅で呑むと時間が許す限り寝るギリギリまで呑んじゃう。一晩で焼酎5合ぐらい飲み干したりしてましたが、さすがにこれは良くないなと自宅に買い置きするのをやめました。

しかしながら、帰宅する途中にコンビニがあり、帰りに煙草ひと箱とストロングゼロを3缶とか買っちゃうんですよね。また、コンビニが自宅から徒歩1分とかでいけるので、酒が切れたら買い足しに出かけたり。

ストロングゼロは、安いし酩酊できるから良い酒だと一時期思ってたんですが、どう考えてもこの酔い方と翌日の倦怠感はおかしいと思いやめましたが。最近よく飲んでいたのは角ハイボール濃いめのロング缶ですかね。

話がそれましたが、まあ、ボチボチ呑む分には大丈夫だと思ってましたが、血圧の動きを見ると、明らかに酒量が多すぎてるようですね。。

リンク先のページを読み進めると、

アルコールは血圧を一時的に下げることもありますが、長い間、飲み続けると、血圧を上げ、高血圧症の原因になると考えられています。多くの研究で、日々の飲酒量が多いほど血圧の平均値が上がって、高血圧症になるリスクも高まることがはっきりしてきました。

あー、もう、仕方が無い。家酒はやめちゃおう。

今までに、なんども誓ったのですが、最近、本を読んだりする時間を作りたいのでちょうど良い機会かな。。

お次は煙草なのですが…

一般的にいえば、たばこは高血圧の原因とはみなされていません。しかし、すでに紹介したように、喫煙で血圧は一時的に上がります。24時間調べた血圧では、喫煙者は吸わない人に比べて高く、喫煙した日は吸わないでいた日より高いとの報告があり、私たちの研究でも、このことが確かめられました。たばこが血圧に及ぼす影響は、これまで過小評価されてきたといえます。

たばこの最大の問題は動脈硬化を促進することです。心臓や首、脳、手足などの血管の硬化は、喫煙者の方が非喫煙者より強いことがわかっています。さらに喫煙が心筋梗塞など虚血性心臓病の重大な危険因子の一つであることは、よく知られています。

まあ、これは、よくわかっているのですが、やめれないんですよね。

禁煙外来に2回通って、いちばん長くやめられたのが半年ほど。仕事のストレスが溜まると吸ってしまうのです。いまは、仕事のストレスがかなり高いので、煙草は火をつけないプルームテックで煙を吸わない方向性で様子見しますかね。

全部やめると、ストレスで余計に血圧上がりそうだし。