memorandum

品川区と大田区の間をフラフラと。思いついたことを徒然と。

陸前高田・大船渡・釜石(2012年1月10日)【3】



恋し浜駅のあとは、釜石の途中にある唐丹駅へ。唐丹小学校がどうなったのかが気がかりで見に行きました。上の写真は、2011年7月17日に撮影したものです。7月撮影の写真は、もやが凄いですが、東北地方の例外の原因となる「やませ」だそうです。夏にもかかわらずかなり寒かったのを覚えています。

学校からほど近い所に堤防があり、その先は海です。

送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼

半年ぶりに訪れましたが、建物は解体されずにそのままです。
唐丹小学校の生徒は、近くの小学校の校舎を間借りして授業を受けていました。

釜石の小学校で仮設校舎が完成 NHKニュース
津波で校舎が被害を受けた岩手県釜石市の小学校の仮設校舎が完成し、これまで間借りしていた別の小学校からの引っ越し作業を行ないました。釜石市内では、公立の小学校と中学校それぞれ1校ずつが、今もなお別の学校の教室を間借りして授業を行っていますが、春までに仮設校舎が完成するということです。
東京に戻ってから知りましたが、仮設校舎が完成し、唐丹小学校の生徒はそこに移ったとのこと。スクールバスでの通学も大変だと校長先生もおっしゃっておられたし、子供達にとっても自分の小学校ができたというのは嬉しいでしょうね。



テレトラック釜石です。
2011年5月31日に釜石市を訪れた際に撮影したもの。甚大なる被害を受けて、この時点で廃止が決定していました。

送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼

半年経ち、完全に更地になってます。
目印になるものがまったくないので、床の端から撮影をしました。

送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼

解体をした際にでたゴミは奥に積み上げられていました。
建物の規模を考えると、大量の鉄骨や瓦礫が出たはずですが、それは、すでに片付けられていました。

送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼
送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼

大槌駅はかろうじてホームは残っていましたが、線路ははがされています。解体撤去が進み、ほとんどが更地になっています。

送信者 201201陸前高田・大船渡・釜石・気仙沼

津波が到達せず被災しなかった所までなにもありません。

陸前高田・大船渡・釜石・大槌と回りましたが、津波の被害を受けた建物が解体され、瓦礫撤去が進みドンドン更地になっています。そこで生活をしていた人は、仮設住宅や他地区で生活をしているわけで、元の生活とはほど遠い状況に陥っています。現地からの報道が徐々に減り、順調に復興に向かっていると思いがちですが、更地になっただけでは何も進んでいないのと同じでしょう。

復興工事に関しても、地元業者ではなく、県外のゼネコンが入ってきて地元にお金が落ちない状況もあると聞きます。

あと2ヶ月であれから1年。