memorandum

品川区と大田区の間をフラフラと。思いついたことを徒然と。

みちのく味めぐり弁当を食べながら、盛岡駅を出発!

d79131a3.jpg

北海道日帰り出張から繰り出す、四泊五日の出張もおしまい。行程をメモしとく。

7/14 昼一に盛岡入り。
7/15 早朝から釜石へ。バス三台でクリネックススタジアム宮城へ。イーグルス対オリックス戦を観戦。イーグルスの勝利で、子供達も大興奮。
7/16 仙台を13時に出発。釜石へ向かう。18時には全て解散。帰路は、少し遠回りして、山田町を抜けて宮古から盛岡へ。ヤマセで少し肌寒かった。
7/17 くたびれたので、盛岡競馬場には午後から。戸崎圭太騎手のサイン会は長蛇の列。大盛況。
7/18 マーキュリーカップ。バタバタしてる内に一日が終わる。帰る予定だったが、くたびれたので泊まる。
7/19 東京へ。 なかなか、ハードな行程でした。今回は、すんごいミスをしたのが、なんと!ワイシャツをもって行くのを忘れたって事。部屋で三枚用意してたのに。ホテルにチェックインして、夜に荷物を確認したらワイシャツがない!仕方がないので、仙台で大きいサイズの店で購入。とほほ。 あと、今回は諸々ハードだったので再びタバコに手を出してしまった。全部終わったらやめるつもりだったので、今日から禁煙パッチを装着して禁煙リスタート。吸わない方が体調イイからねー。

釜石の子供達を引き連れての野球観戦は、みんな礼儀正しく、大きな問題もなく無事に終了。色々と話を聞くと、仙台に行くのは初めてだという児童も多く、仙台駅周辺では建物の多さに圧倒され、ホテルのデカさに圧倒され、バス内は大騒ぎでした。純朴やなー。 釜石から、仙台までは休憩も含めて五時間かかります。当然、旅の疲れもあり試合後半は子供達もぐったり。テンションを再びあげるためにロケット風船を大量に投入。どえらくもりあがってました。よかったよかった。 でも、一番よかったのは、事故なく無事に送り届けれた事ですかね。 子供達を釜石に送り届けてからは、車で盛岡へ。帰りは少し道を変えようという話になり、山田町から宮古を抜けて盛岡へ。瓦礫もかなり片付いていて、あたりが完全に見渡せる状態。言葉になりません。子供の頃に、戦争展でみた空襲を受けて焼け野原になった街のように、家の基礎だけが残り、道路がなければどこを通ればいいかわからない状態。きつい。 復興支援といっても対した事はできないけれど、長いスパンでできる事をやって行きたいなー。

▼弁当の詳細
みちのく味めぐり弁当
盛岡駅で購入。

北東北(岩手*青森*秋田)と宮城の味が一度に楽しめる欲張りなお弁当。 岩手 三陸産秋刀魚の磯辺揚げ 宮守地方名物 山葵菜のしょうゆ漬け 矢巾産赤かぶのスライス 秋田 比内地鶏鶏めし (比内地鶏*そぼろ*錦糸玉子*グリンピース) 青森 帆立めし (ベビー帆立*若芽*ごぼう*絹さや) 宮城 鮭はらこめし