こまかいことは知らんけどな

記事の内容は個人の感想です。

釧網本線で知床斜里駅へ【201002釧路・帯広】

2010年2月12日(金)

今回の旅は、JR北海道の3連休おでかけパスを利用。3日間乗り放題で6600円の切符なんだけど、SL冬の湿原号も流氷ノロッコ号も、指定席を取らなければ、この切符で乗車可能。初日は、軽く乗っただけなんだけど、2日目はガッツリと釧路から網走を往復予定。それだけで、十分元は取れる切符。

  201002北海道

ローカル線だし金曜日だから大丈夫だろうと余裕をカマしていたら、1両編成、30分前から並ぶ人が。なんだろねーと釧路駅を徘徊し電車に乗ろうと思うとすでに席はなし。

おい。
9時05分発で知床斜里11時25分だぞ。2時間半もこのまま立ちっぱなしなのかよ。。
ほぼほぼ、全員の目的は流氷ノロッコ号。途中下車する気配もなく、しかも、川湯温泉駅から大量に乗り込んで、大嫌いな満員電車状態。

201002北海道201002北海道

朝だから体力は残ってるけど、結構大変な予感。でも、いかねばならぬ、流氷ノロッコ号よ!

  201002北海道

車内は結構な混雑だけど、巡りゆく車窓の景色をみていると全く退屈しなかったですねー。車内アナウンスで、鹿がでるので急停車する場合があるのでご注意ください、と、何言っとんじゃと思ったら、ほんとに線路の上を鹿が走っていて急停車。しかも、鹿、電車を後方確認したら余裕かまして止まり、電車がソロリソロリと動き出したらそのまま線路の上を疾走。逃げるのに幾ら有利とはいえ、もうちょっと考えろ、鹿。

カメラですが、混んでいたのもあったので手元にはGF1+パンケーキしか持ってなかったので、鹿は遥かかなた。しかも、ピントも合わず。

  201002北海道

窓の向こう側には、鹿がゾロゾロと。
なんだかんだで、群れとも多数遭遇したので50頭以上見ました。立ちっぱなしだったからなかなかうまく撮れなかったけど。。

201002北海道


201002北海道

鹿の群れがいなくなったら、視界がパーッと開けていい気分。
旅道中、地元のおっちゃん連中が乗ってきて、なんでこんなに混んどるんや!と。兄ちゃん、どっからきたんや。釧路ですよ。釧路から立ってるんか?はい。そりゃ、えらいこっちゃで。

  201002北海道

知床斜里駅に到着して、まずは、トイレとタバコ。
待合室には、ゴマフアザラシの剥製が。触ってみると、毛が柔らかくて少しびっくり。

さて行こう。
流氷ノロッコ号へ。