こまかいことは知らんけどな

記事の内容は個人の感想です。ハイパーメタボなので絶賛減量中です。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸【201001東北】

なぜに青森なのか?って話になるが、急に、高校生の修学旅行で乗った青函連絡船が気になり始めたから。色々と調べると、青函連絡船はないけれど、八甲田丸はあると。こりゃ、水沢行くついでにいっちょ見に行ってみるかと気合を入れて行ってみたが、真冬はかなり手厳しかった。

どれぐらい手厳しかったかは、以下の動画参照。

 

シーズンオフというのもあって、誰もいない。船の中には見学者はポツポツといたけれど、外から撮ってるヤツなど皆無だ。そして、高校の時に北海道からここまで青函連絡船できて、ブルートレインで東京まで行ったんだよなーと感慨深く思い出す情景などなかった。なぜなら、修学旅行は初夏だったから。

八甲田丸八甲田丸
八甲田丸八甲田丸
八甲田丸

寒い写真を。
というか、本気で寒かった。買ったばかりのGF1が雪をかぶってぶっ壊れないかと不安になるし。じゃー、そんなところに行くなと言われそうだけど、過酷な状況の旅は、それはそれで楽しい。

青函連絡船は、青春時代の想い出もあるけど、船で電車を運んでたってのが、かなりそそられるので、船倉も見たかったのだ。


  八甲田丸


八甲田丸

そそる。
電車が海を超えるのに船を使うなんて。

  八甲田丸

エンジンも超そそる。

  八甲田丸

昭和のハイテク。

八甲田丸八甲田丸
八甲田丸八甲田丸
八甲田丸八甲田丸
八甲田丸八甲田丸
八甲田丸八甲田丸

歴史博物館的な一面もあり、古き良き昭和を堪能できましたねぇ。
夏の天気の良い時なら、海も綺麗にみえて気分がイイだろうなー。

  八甲田丸
青函連絡船