こまかいことは知らんけどな

記事の内容は個人の感想です。ハイパーメタボなので絶賛減量中です。

早く目がさめたので1号に乗ろう【201001東北】

はやて1号で八戸へ

1月10日(日)は、水沢で飲み会があるので北上せねばならぬ。東京⇔水沢を普通に往復しても楽しくないのでと、3連休切符で青森に行くことを画策。前夜までは、東京0828のはやて7号で八戸1131の予定だったのが、テンションが上がっていたのか目が覚めたら午前4時半。ギリギリまでもう一回寝るかと思うまもなく支度をして東京駅へ。

東京0656のはやて1号で八戸1003に予定変更。大宮を過ぎたあたりで綺麗な朝焼け。清々しい青空だ。早起きは三文の得だ。移り変わる車窓の景色を堪能しよう。。

仙台まで思いっきり寝てました。。。

  うっすらと雪化粧 車窓から

今回は、GF1とK20Dの2台体制で、GF1は常に首からかけている状態で、パチパチとスナップ撮りまくり。予備バッテリーも持ってるので、気にせずに撮り続けてました。車窓からも目についたのを撮るようにしてますが、Aiモードで撮影すると常に開放なのでシャッタースピードもオートで早く設定されてます。新幹線の車窓からもそれなりに撮れてますね。

カメラのお話ですが、結論から言うと、ガッツリ撮るのはK20Dの方が頼もしいですね。レンズ資産があるのも理由の一つだけど。ただ、以前は、K10D+K20Dとヘビーな2台体制だったので疲労感はかなり緩和されました。

スナップ用に軽いレンズとはいえ、終日、デジイチ首から下げてるのはやはりしんどい。
それを考えると、GF1は、全く負担にならない軽さ。パンケーキレンズのみって組み合わせもいいですが、もう少し画角が広い方が個人的には使い勝手が良いかな。20mmのパンケーキは換算40mmでモノ撮るにはいいけど、風景はもうちょっと画角があった方がってシーンも。標準レンズも導入すべきか。悩ましい。

カメラに関しては、今回の旅でGF1には信頼感が湧きました。

スーパー白鳥 八戸駅にて
スーパー白鳥 八戸駅にて

話を旅の話に戻して。
東北新幹線で八戸に到着してからは、スーパー白鳥で青森へ。今回は、3連休切符なので、新幹線も特急も乗り放題で気楽な旅。青春18切符、安いのはいいけど、普通電車のみはやっぱり辛いよ。


  八戸~青森間 車窓から

八戸あたりまでは、んー、雪国は風情があって良いねーと余裕かましてた。電車に乗ってる間は暖かいし、車窓がヒンヤリしてちょっと気持ちが良かったりもする程度。

ただ、徐々に青森に近づくに連れて。。



かなり、本気な感じ。あ、動画はGF1で撮ってみました。