memorandum

思いついたことを徒然と。品川区と大田区の間をフラフラと。

富良野・美瑛ノロッコ号(8/26)【200908北海道】

20090826旭川駅 今回の旅で、目的のひとつであったのが、旭川~富良野を走るノロッコ号に乗る事。そのために、初日は旭川まで移動したのです。電車乗り続けの旅と決め打してたし、北海道の夏ならノロッコ号は乗っといた方がエエやろなと。

旭川出発のノロッコ号は、1号のみ。3号と5号は美瑛から出発なので、1003旭川発、1137富良野着の富良野・美瑛ノロッコ1号に乗車。

あ、普通列車と同じ扱いなので、当然、青春18きっぷで乗る事ができます。


20090826旭川駅

意気揚々と旭川駅に到着したのは、9時前。
朝やたらと早く目が覚めて、テンパって駅に直行。自由席だし、めちゃめちゃ並んでたら困ると早めに駅に来たのですが、誰もおらず。ラベンダーも終わったし、夏も終わりだからかなぁ。



  20090826ノロッコ号

ノロッコ号は、名前に反して意外に早い!そして、ローカル&ディーゼルらしく揺れる!普段電車に乗らないし、たまに乗ると揺れが激しく感じる。こーかくと、凄く揺れて大変な電車のように思われますが、そーでもないです。電車じゃねーか、汽車か。

  20090826ノロッコ号

同じようなアングルですが、もーちょっと日が照ってくれてたら。窓を開けて、そーっとカメラを出して撮ってましたが、季節的に初秋なので、最初はよかったですが中盤からどえらく寒い。日が陰ると風が冷たい、でも、撮りたいから窓は閉めれない。


20090826ノロッコ号の車窓から


20090826ノロッコ号の車窓から

20090826ノロッコ号

車窓からの景色を楽しむために、

  20090826ノロッコ号

こんな感じの席が用意されているんですが、進行方向に向かって右向きと左向きと両方に席があります。今回は、車掌に聞いてどっちがいいと聞いたら、左だというので車両の真ん中寄りに陣取ってました。このベンチ、広いように見えますけど、私が座ると二人目の人は大変なぐらい小さいベンチです。普通の人なら二人は座れるかな。景色を堪能したい方、写真を撮りたい方は、早めにこのベンチ席を押さえた方がいいです。


  20090826ノロッコ号

ノロッコ号の窓の開閉は、ワイヤーです。白い部分を持ってワイヤーを引っ張れば締まります。外せばワイヤーが緩んで窓が開く仕組み。